FC2ブログ
医療法人川上医院のブログ
当院は、明治7年開院以来大阪市鶴見区にて親しまれている街のお医者さんです。毎日の当院の出来事や患者様の事例、私の趣味をちょこっと紹介していきます。

健診でピロリ抗体陽性と言われた•••••


健診でピロリ抗体陽性と言われた•••••そう言われて受診される方が増えてきました!!

実際、健診等でピロリ感染陽性と判明していた場合に再度ピロリ感染診断の必要はあるのでしょうか?

健診等でピロリ感染陽性と判明していた場合には再度ピロリ感染診断を行う必要はありませんが、内視鏡検査による胃炎の確定診断は必要となっております。

何故なら、胃炎におけるピロリ菌感染診断の保険適用上の対象は『内視鏡検査にて胃炎の診断がなされた患者』となっています。

それに加え、 内視鏡検査をすることにより胃炎の確定診断だけでなく、器質的疾患•••••とくに胃癌の有無を評価する目的もあります。

なお、他施設で内視鏡検査が行われた場合でも、胃炎の確定診断がついていれば内視鏡検査を省略することはできます。

ご質問やお悩みがありましたら、一度来院の上ご相談くださいm(_ _)m

火曜•水曜日の午後か木曜日の午前の診察時間に来院して下されば私がいますので、より詳しく説明出来るとおもいます。2015021313375004d.jpg

ピロリ菌除菌療法が失敗に(T_T)•••••

ブログやホームページを見て当院へ来られる方が増えてきているため更新も気合が入ります(笑)

その中でやはり最近話題のピロリ菌除菌の相談が多い印象を受けます。除菌の仕方が分からなかったり、不安な方の為にここで簡単に御説明します。

除菌の方法として薬の内服を行います。具体的には胃薬1種類と抗生物質2種類の計3種類を7日間内服します。
これにより除菌成功率は70~90%と言われております。薬剤を3種類内服する為に副作用が出る場合がありますが、%は高くないです。



不幸にも1回目の除菌療法で除菌出来なかった時は違う種類の薬を使い2次除菌します。この方法により更に90%以上の方が除菌可能であったと報告されております。




分からない事が有れば、火曜午後•水曜午後•木曜午前の私の診察日までご相談ください!

ピロリ菌除菌が成功したのに•••••(T_T)

最近はピロリ菌除菌療法の進歩の一方で、ピロリ菌除菌が成功した患者様の中に、再感染や再燃している方が時々見受けられます。某大学の研究では、除菌療法後の再感染•再燃が約10%認められたとの報告もあります。



そのためにピロリ菌除菌が成功したと言っても、定期的なピロリ菌検査や胃カメラ検査をした方が良いと考えております!!


分からない事が有れば、火曜午後•水曜午後•木曜午前の私の診察日までご相談ください!

20140925110201172.jpg



プロフィール

医療法人 川上医院

Author:医療法人 川上医院
当院は、明治7年開院以来大阪市鶴見区にて親しまれている街のお医者さんです。毎日の当院の出来事や患者様の事例、私の趣味をちょこっと紹介していきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR