医療法人川上医院のブログ
当院は、明治7年開院以来大阪市鶴見区にて親しまれている街のお医者さんです。毎日の当院の出来事や患者様の事例、私の趣味をちょこっと紹介していきます。

逆流性食道炎になるからピロリ除菌はしたくない•••••


最近来院される患者様はインターネット等でよく勉強されている為に診察中色々な質問をされることがあります。


質問の中で気になったのは、ピロリ菌を除菌すると逆流性食道炎になるからピロリ除菌はしたくないと言われる方がおられます。


除菌をした方に稀に逆流性食道炎症状が出る方がおられますが、原因としてこう説明しております。


ピロリ菌が胃の中にいる時はピロリ菌によって胃の機能が低下しています。しかし除菌をする事により今までピロリ菌に押さえつけられていた胃の機能が改善し、相対的に胃酸が出るようになり胸やけ等逆流性食道炎症状を引き起こします。

しかしピロリ菌がいる事により起こり得る各疾患の危険性を考えると私は除菌をオススメしております。


わからないことがあればご説明いたしますので一度来院下さい。


20160521115327878.jpeg
スポンサーサイト

むかつきの正体が心筋梗塞だった⁉︎




毎日診察していると、色々な病状の患者様が来院されます。

僕が京都の病院で診察した一例を今日は述べたいと思います。


それはある当直の日でした。84歳のおばあちゃんがムカムカするとのことで受診されました。ムカムカ以外症状は無く、下痢や便秘をはじめとした消化器症状は有りませんでした。

その後おなかの診察をしましたが何も異常がありませんでした。でも高齢のこともあり嫌な予感がした為心電図検査をすると急性心筋梗塞が原因でした。その後は心臓の専門病院にすぐ搬送しましたためことなきを得ました。


多分おばあちゃんは熱中症や胃腸炎だと思って薬が欲しくて来院された雰囲気でしたが、この様にこわい病気が隠れている場合も稀にあるので、調子がおかしければ無理せずに早めの病院受診をオススメします。





201609071217556fd.jpeg


のどにシューッとするスプレー下さい!




時々風邪の患者様で、のどスプレーを下さいと言われる方が時々おられます。


その為に今回のどスプレーを調べてみたんでご説明しますと•••••なんと、2種類の成分が有りました!


#1. イソジン系(ヨウ素系)スプレー

⇨イソジン系は殺菌消毒作用が強く、風邪の予防に効果的です。


#2. アズレン系スプレー

⇨のどの腫れを抑え粘膜修復作用が有ります。


その為風邪を引かれた方にはアズレン系スプレーをおすすめします。薬局でその折を伝えると購入出来ると思います。



なお、医院や病院ではのどのスプレーは置いてませんが、同等以上の効果があるうがい薬をご用意しておりますのでご相談下さい。


当院では病状にあったのをお出ししております。アズレン系うがい薬はよく効くみたいでリピーターも多いですヨ!


20160709110511093.jpeg



妊娠時の胃腸薬について




今週は寒さが例年以上であったために家から出たくなかった人も多かったのでは無いでしょうか?


そんな寒い時におなか風邪をこじらせたりムカムカが治らなくて来院される方がピークだった様に感じられました。

なので患者様の層は老若男女問わず来院されましたが•••••中には妊娠中の方も来院される事も例外ではありませんでした。


妊娠中との事でありどんな薬を内服したら良いか不安で来院される方やとりあえず市販の内服薬で治らなかったから来院された方等色々でした。中には吐き気が治らないからと来院され妊娠と診断された方も以前勤めてた病院の患者様でいらっしゃいました。

そんな中妊娠中は特におなかの赤ちゃんへの悪影響を第一に考えて我々医師は内服を考えます。市販薬だからと容易に妊娠中内服される方も中にはいらっしゃいますが、おなかの赤ちゃんに悪い影響を与える薬もある為に知識のある医師に相談して下さい!

なお当院では私がアドバイスならびに処方をしております。月曜・火曜・水曜日の午後の診察時間か木曜日の午前の診察時間におりますのでご相談下さい。


2016012910275773e.jpeg

とりあえず血の検査でガンを調べて下さい•••••て、どうなの !?(・_・;?




時々『とりあえず血の検査でガンがあるかどうか調べて下さい‼︎』と言って受診される方がおられます。また、当院にかかりつけの患者様で『人間ドックを受けた時、血の検査でガンの値が陰性であったし当分大丈夫やわぁ!』と言われる方がおられますが•••••。

最近のトピックスとして尿一滴でガンかどうかわかるという研究が発表され僕も今後期待しておりますが、現在人間ドックや病院で調べることが出来る採血でのガン検査は、完全ではありません。

と言うのも、採血でのガン検査の事を「腫瘍マーカー」と言います。腫瘍マーカーが陽性だからガン、または陰性だからガンが無いとは限りません。マーカーと言う名前の通り、指標の一つでしかありません。

実際に進行ガンの診断がついた方にも関わらず腫瘍マーカーが陰性であった患者様、またガンが無いにも関わらず腫瘍マーカーが陽性になる方も時々おられます。陽性になる原因としてヘビースモーカーの方、糖尿病をはじめとした持病をお持ちの方、、、など陽性になる場合があります。




以上により採血での腫瘍マーカーが陰性だからと言って過信するのでは無く、症状が有ったり不安な時は医師に相談する事をオススメします。



20151002103256aa9.jpg

プロフィール

医療法人 川上医院

Author:医療法人 川上医院
当院は、明治7年開院以来大阪市鶴見区にて親しまれている街のお医者さんです。毎日の当院の出来事や患者様の事例、私の趣味をちょこっと紹介していきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR